トップページ > 粉骨(パウダー処理)

粉骨(パウダー処理)とは

遺骨を粉末化することです。遺骨をパウダー状にする事により3割〜4割程度にまで減容します。価格は10,000円(消費税込)となります。

粉骨(パウダー処理)とは

海への散骨

海への散骨は、現在では「海洋葬」という名称が一般的に用いられます。

  • 遺骨が2ミリ以下の粉末状態であること。
  • 漁場、海上交通の要所を避けてあること。
  • 陸地より約3海里以上(10km以上)離れた沖合いで行うこと。

埋葬の際に遺族が同船できるかどうかは、散骨を行う団体や業者によって異なります。

山への散骨

山への散骨も、海への散骨と同様に遺骨を粉砕する必要があります。

場所が山の場合は、その土地の所有者の承諾を得る必要があり、法的な規制がないからといって、勝手に散骨するわけにはいきません。

土地の所有者の方が宗教的な感情を持っていたり、その土地(山)の慣習がしっかりしている場合もあるので、事前によく確認しておきましょう。

散骨の手順

散骨に決まった手順はありません。遺骨を埋めるわけではなく撒くことになるので、業者も必要ありませんし、法的にも制限がないので、自由に行ってもいいと思われるかもしれません。

しかし、現在は散骨を行う際は、遺骨を細かく粉砕するのが一般的です。
宗教的な影響を考慮すると共に、撒くことに対する周囲の社会的な心情を軽減するためです。

散骨の注意点

現状では、散骨に対して明確な法律が定められていないのが実情です。だからこそ、「節度を持って対応する」ように指導がなされています。

  • 散骨する場所(周辺住民への影響)
  • 遺族の同意(勝手に散骨を行ってはいけない)
  • 分骨を行い、お墓への埋葬も行うのか(子孫に対して)

特に海や山の場合、その場所で生活や仕事をする人への影響は考慮しておいて下さい。


トップページモバイルサイトお問い合わせ会社概要サイトマップ虹の橋雨降り地区悲しみを越えて