トップページ > 保冷処置について

保冷処置

ペットちゃんは亡くなってからすぐに細胞が死滅し内臓から腐敗が始まりますので、状況を維持するためにもまた衛生的にも保冷処置はとても大切な事です。「冬は寒いから大丈夫でしょ?」とよく聞かれますが寒い時期は暖房で室内が温まっていますので場合によっては夏季よりも早い段階で状況が悪くる事があります。ご家族様でも保冷処置は施せますのでご説明しておきましょう。

右記の図の白○印で囲われている「腹部」と「背中」の部分に保冷剤かビニールに氷を入れたものをあてます。そして、保冷剤をあてた部分に外気が触れないようにタオルをかけてください。保冷剤は約10時間、氷は約3時間で溶けてしまいますのでそうしたら新しく交換してください。冷たくてかわいそうですが保冷処置をすればご遺体の状況が維持されやすくなります。

保冷箇所

専用安置室でのお預かり

「仕事をしているので自宅に誰もいない時間が多い」など、家にペットちゃんだけになってしまいご心配な方は、動物ねむりの里式場内の専用保冷室でお預かりする事ができますのでお申し付けください。


トップページモバイルサイトお問い合わせ会社概要サイトマップ虹の橋雨降り地区悲しみを越えて